戦争で生きる国づくり〜(2015年1月1日)元倉

国が武器輸出への資金援助検討開始

−師走の総選挙後テレビ朝日の報道番組でギョッ!武器輸出支援.jpg

低利融資、輸出先への武器の訓練・保守修繕支援など、

日本の武器輸出企業へのバックアップだ。

 

これを報じた新聞がどうやら東京新聞だけ

−とのキャスターの話しにギョギョッ!

4月1日武器輸出原則解禁のニュースは、

マスコミ各社一斉に報道したのに、である。

→続きを読む

日本の宝〜(2014年8月15日)元倉


銃弾.jpg当たり前のことだが、

殺人は世界のどの国においても最も重い罪の一つであろう。

それは殺人が、国、種族、民族、

ひいてはヒトという種の存亡に関わるからだと思う。

他方で、戦争は何のかんのと正当化されてきた。

大量殺人であるにもかかわらず、だ。

 

しかし、正当化される戦争の範囲は、

経験の積み重ね、歴史の進展とともに狭まってきた。

人類の叡智の成果である。

→続きを読む

プラトーンにはならない〜(2014年1月1日)元倉

四半世紀も前になる。

観終わったあともしばらく、sgi01a201311261000[1]コブラ.jpg

その映画の様々なシーンが頭にこびりついて離れなかった。

衝撃であった。

戦争はここまで人間を退廃、残虐・非道へ追い込むものか。

 

その映画、「プラトーン」(1986年)は、

初めて戦争の真実を描いた映画と高く評価され、

アカデミー賞作品賞・監督賞などを受賞した。

→続きを読む

反原発いやがらせホラー〜(2013年8月15日)元倉

 「反原発へのいやがらせの歴史展」に行ってきた。

原発いらがらせ展@S .jpg8月10日午後のことである。

この日、観測史上6年ぶりに40度超えの地が出て

東京都心でも37度にまでなったというが、

暑さにとても弱い私は息も絶え絶えに、

会場の新宿区区民ギャラリーにたどり着いた。

→続きを読む

ノーベル賞はカンフル剤〜36号(2013年1月1日)元倉

ノーベル賞受賞者は、多くの日本人にとって、

かなり昔から「天才」と同義である。103[1].gif

だが、「ただの」天才ではない。

「ただの」天才なら、日本人全体がここまで興奮しない。

日本人が興奮するのは、ノーベル賞受賞は、

「世界的」天才とのお墨付き、もっと厳密に言うと、

日本が「欧米列強」に負けない頭脳をもっていることの「証し」

と感じるからではなかろうか。

 
 

→続きを読む

平均寿命と健康寿命のはざま〜35号(2012年8月15日)元倉

日本人の健康寿命は、

高齢社会 (3)縮小.jpg男性70.42歳、女性73.62歳であるらしい(2010年)。

「健康寿命」という言葉は、

多くの日本人にとって初耳だったのではなかろうか。

それもそのはず、

厚生労働省が初めて算出してこの6月公表したからである。

 

 

→続きを読む

ほんとに悲しい〜34号(2012年1月1日)元倉

監視カメラの映像が、世界に衝撃を与えた。

ビデオ縮小.jpg

→続きを読む

みたび許すまじ〜33号(2011年08月15日)元倉

原発事故.jpg「随分昔のことだけど、

私たちの世代は戦争を経験しているせいか、

大本営発表のようだわ。

だから、何を言われても信用できないの。」

→続きを読む

「無縁社会」の中の新たな「縁」〜32号(2011年1月1日)元倉

うさぎ@縮小.jpg「無縁社会」とは、

昨年NHKのドキュメンタリー番組から生まれた言葉である。

この番組の提起した現代社会の問題点は別にあるのだが、

新しい年を迎えるにあたり、

新しい「縁」について考えてみた。


 

→続きを読む

かけがえのない命のバトンが渡された〜31号(2010年8月11日)元倉

心臓移植A.jpg8月10日、

臓器提供の意思を書面に残さなかった脳死患者の臓器移植が、

その家族の承諾により実施された。

昨年2009年7月成立した改正移植法の施行から3週間あまり、

改正移植法に則った初めての臓器移植である。

 

臓器移植後進国日本における貴重な第一歩である。

→続きを読む

ふざけるな〜30号(2010年1月1日)元倉

老人B縮小.bmpこどもを怒るな、自分がこれまで通ってきた道やないか

年寄りを怒るな、自分がこれから通る道やないか

・・・90歳の伯父が聞かせてくれた言葉である。

だがしかし、思春期の子を持つ親にとっては、

この含蓄のある言葉もしばしば吹っ飛んでしまう。

 

 

 

→続きを読む

命のリレー〜29号(2009年8月1日)元倉

心臓.GIF臓器移植法改正案A案が成立した。

この臓器移植後進国日本でも、

ようやく、ようやく、一歩、先に踏み出した。

 

 

→続きを読む

今に来るぞ、日本国家の自己破産〜28号(2009年1月1日)元倉

HPニュース28元倉.jpg人が借金をする理由は、様々である。

個人が借金する場合、

大抵は、身の丈に合わない買い物をする時である。

一般的に堅実な日本人は、借金を嫌う。

借金を嫌う日本人でも、やむを得ないかなと思える借金といえば、

住宅ローンとクレジットの買い物くらいだろう。

地価の高い日本でキャッシュでの住宅獲得は至難の業であるし、

クレジットは現金持ち歩きの不便を回避できる。

→続きを読む

家族のお楽しみ〜27号(2008年1月1日)元倉

祭りだ.GIF子供の幼い頃は、

オモチャ・ゲーム・本、祭り・もちつき大会等の町内行事

公園めぐり(ご近所に詳しくなった)、保育園・学校行事、

動物園.GIF 旅行(旅先の必須訪問先は、名所旧跡でなく、

 動物園・水族館・遊園地であるが。) 等々

 ・・・・ 家族のお楽しみは実に多種多様にあった。

→続きを読む

失ってはじめてわかること〜26号(2007年1月1日)元倉

モノクロウォーキング.GIF歩けない者の苦労と歩けることのありがたさ

が骨身にしみた昨年だった。

ある朝突然右脚に激痛が走った。

立っているだけでも苦しいが、脂汗流しながら歩いても数十メートルがやっと。

しゃがんだり座ると嘘のように症状は消失し、また少し歩ける。

診断名は「腰部脊柱管狭窄症」。 高齢者に多発する病気らしい。

 

→続きを読む

平和の民〜25号(2005年8月8日)元倉

広島ドームAJ.jpg 

 60年前の今日

すでに広島には原爆が投下されている。

明日長崎に再び原爆が投下されようとしていることを

日本国民はまだ知らない
 

→続きを読む

平和憲法を瞳のように大切に〜24号(2004年8月1日)元倉

学校.GIF3月、息子が「おいら学校に行きたくない。」

とポツリとつぶやいた。

すわ一大事、我が家に登校拒否児童発生か?!

どうしたというのだ学校大好き少年。

と動揺する思いを押しとどめ、話しを聞いたところ、

毎日卒業式の練習で君が代を歌わされるのが嫌だという

息子たち小学5年生は、在校生を代表し、6年生の卒業式に列席する。

→続きを読む

ようこそネットの世界へ〜23号(2004年1月1日)元倉

10数年前、ワープロが流入した時、今より若かった私は、難なくその流れに乗れた。 

デスクトップPCA.JPGが、パソコン、

ワープロソフトの方は難なくクリアしたが、

特にインターネット・メールの壁の前では、

長いこと呻吟した。

立派なデスクトップ型パソコン一式を買いそろえたのである。

仕事疲れをおして、夜の初心者教室に二度も通ったのである。

「猿にもわかるパソコン入門」などという指南書も読んだのである。

先達者達から話しも聞いたのである。
 

→続きを読む

メルボルン事件に思う〜22号(2003年1月1日)元倉

パスポート.GIF  メルボルン事件の「受刑者」が仮釈放で帰国した。

 事件直後の通訳を介しての取調べのビデオが

 ニュースで流された。

  「先進国」であり、

 日本人観光客が大挙した訪れてきたオーストラリアにして、

  こんな有様であったのか!

−日本人の多くがゾクッとしたのではなかろうか。

→続きを読む

裁判官と国民との距離〜21号(2002年7月30日)元倉

中年男女グループ.GIF日本人は、大岡裁きを受けることを望んでおり、

陪審制はわが国にはそぐわないのでは?

ー16年前の司法試験で、

「司法への市民参加」との出題にこう書いた私は、

その4年後のニューヨーク、現地裁判官

「我々の出発点は隣人に裁かれる方を望むとの価値観だ」

との言葉に衝撃を受けた。


 

→続きを読む