メルボルン事件に思う〜22号(2003年1月1日)元倉

パスポート.GIF  メルボルン事件の「受刑者」が仮釈放で帰国した。

 事件直後の通訳を介しての取調べのビデオが

 ニュースで流された。

  「先進国」であり、

 日本人観光客が大挙した訪れてきたオーストラリアにして、

  こんな有様であったのか!

−日本人の多くがゾクッとしたのではなかろうか。

二人会話マンガ色付きJ.bmpが、同じ「先進国」日本でも、

外国人犯罪事件に通訳の不備による冤罪事件が、

実は相当数潜んでいるのではないかとの疑念を、

私は、以前から抱いている。

この10年で、

裁判所も通訳の整備等かなり努力してきてはいる。

が、まだまだ追い付かないというのが実情だ。

 

何よりも、有罪無罪を決定づける最も重要な被疑者段階の弁護活動

のための通訳等の保障は、全く無い

弁護士会と、法律扶助協会と、

そして弁護士個人の献身的犠牲的精神にお任せである。


日本国旗.GIFそれにしても、メルボルン事件の渦中

日本の大使館・領事館は何をしていたのだろう?

通訳の不備による冤罪事件であることは、

事件後まもなく日本のマスコミでも報道されていた記憶がある。


昨年のこの「たんぽぽ」ニュースで、 外人若者.GIF

「イタリア青年の苦い日本旅行記」と題して報告した

イタリア大使館の自国民の裁判活動に対する献身的な援助活動

とは雲泥の差だ。

                   クリックマークA.bmp  イタリア青年の苦い日本旅行記