失ってはじめてわかること〜26号(2007年1月1日)元倉

モノクロウォーキング.GIF歩けない者の苦労と歩けることのありがたさ

が骨身にしみた昨年だった。

ある朝突然右脚に激痛が走った。

立っているだけでも苦しいが、脂汗流しながら歩いても数十メートルがやっと。

しゃがんだり座ると嘘のように症状は消失し、また少し歩ける。

診断名は「腰部脊柱管狭窄症」。 高齢者に多発する病気らしい。

 

突然と書いたが、思い起こすと、兆候は時々あった。

が、忙しさの中で我慢するうちに自然治癒していたのだ。

この時も自然治癒にはかない期待をかけて我慢を続けるうちに、

症状は悪化の一途。

痛みに、

更に痺れと足がこわばり前に出ないという不思議な症状が加わり、

ついには10メートルも歩けなくなった。

 

 

下り段差注意.GIF 

 

路上で車イスを使ってみた。

段差が多く、しばしば車イスを降りて車イスを押す。

傾斜地では上りも下りも体力勝負である上、

力を抜いた途端転がり落ちそうで非常に怖い。 

障害物注意.GIF

 階段しかない駅もまだまだ多数の東京。 

 電車が使えないと、仕事はたちどころに停滞した。

 一歩外に出るとそこは自力救済の世界である。

 

 

発症から5ヶ月後、手術に踏み切った。

幸い再び歩けるようになった。

飛び跳ねることはもうできないが、普通に歩けるだけで感謝である。

同時に、ハンディを抱えている方を見かけると、

大丈夫だろうかとつい目で追うようになったことも確かである。