献血を禁ずる〜7号(1993年8月5日)元倉

私は、伊丹十三監督映画のファンの一人である。ムービー・下地白.GIF

ファンならずともガッカリしたのが、

この5月末に起こった「大病人」上映中

スクリーン切裂き事件に対する東宝の『告訴せず』事件

理由は、

「サービス業なので、御客様に迷惑・不安をかけたくない。」とのこと。

そしてその1か月後の『やっぱり告訴する』事件

理由は、「企業の社会的責任」とのこと。

「御客様」と「社会」は、違うものらしい。

 

『告訴せず』事件は、

「ミンボーの女」以来の東宝と右翼・暴力団組織との関係の悪化と、

東宝内に相当数入り込んでいる右翼・ヤクザの一口株主らの

水面下の圧力に屈した結果と聞く。

 

なお、『やっぱり告訴する』事件の方は、

桜田門の水面下ならず水面上の圧力に屈した結果で、

自主的に社会的責任に目覚めたわけではないらしい。

 

勿論、最も憎むべきは、ゆすりたかりで、

いわば人の生き血を吸って生きているヤカラなのだが、

こういうヤカラにすすんで『献血』しているヤカラはもっと悪い。

 

伊丹監督が、こういうヤカラのために、たとえその血は流しても、

『献血』してはいかんと訴えた「ミンボーの女」の趣旨を、

その上映劇場が踏みにじってしまうとは。

 

政治の世界にも、人の生き血を吸って生きているヤカラがいると聞く。

ぜひとも、こういうヤカラに、

『献金』いや『献血』するのはやめて欲しいものである