離婚は忍耐力の欠如?〜13号(1997年1月1日)元倉

インタビュー.GIF自宅で仕事をしながらつけていたテレビから、

あるコメディアンの離婚インタビューに対する

結婚は判断力の欠如離婚は忍耐力の欠如

ほんで、再婚は記憶力の欠如ですねん。」

との答えが耳に入り、思わずワ−プロを打つ手を止めて笑ってしまった。

 

レジA.GIFしかし、「忍耐力の欠如」と笑ってすまされないのが、

離婚が女性に及ぼす経済的影響である。

離婚女性が経済的に自立していける程の条件整備は

まだまだである。

とりわけ、有資格者でもない限り、

離婚女性の働く環境は、シビアである。

待っているのは、「誰にでもできるお仕事です。時給850円。」

の世界なのである。

養育費の支払いを踏み倒す男性もあとをたたない。

 

他方、わが国では離婚裁判において破綻主義が急速に浸透している。

浮気、暴力等の離婚原因がなくとも、

別居などで婚姻関係が破綻していると、離婚が認められる。 結婚式A背景赤.GIF

女性は、結婚を永久就職と考えるのは、もうやめた方が良い。

「君に、家庭で僕を待っていてほしいんだ。」

の言葉にホロリときた代償は大きいのである。

「ハンコは絶対つきません!」で頑張れる時代も、

過去のものとなりつつある。

いつ何時、「リストラ」されるかわからない


それよりも、「仕事」のイメ−ジを転換することだ。

確かに、「仕事」は、辛いこと厳しいことも多いが、

「苦あれば楽あり」とも言うのだし、

それに「男」の辛さもチットはわからねば

(長距離電車で、うたたねするサラリ−マンをみる度に、

「男は辛いなぁ。」と思う。)。

 

頑張る女子社員.GIF何よりも、「仕事」は、『私』の世界を広げ、

『私』の自己実現の場となり、生き甲斐にもなる

「子供・家庭」も『私』の生き甲斐、そして「仕事」も『私』の生き甲斐

女性は、沢山の生き甲斐をもてるのである

この際、欲張って見てはどうだろうか?

 

ただ、結婚後も仕事を続けるのは、

これまた現状では女性の側にかなり頑張りが必要である。

働き疲れて帰宅すると、先に帰宅した夫が、ビール片手にテレビで野球観戦。

「ご飯まだ〜?」

夫は「俺は明日仕事が早いんだよ。」と布団をかぶり、

妻はベランダで夜泣きする子どもをあやす。

「私も明日仕事が早いんだけど・・・」

対策は、夫を教育し、福祉行政のお尻を叩きまくることである。

但し、後者は、息長くじっくりと、

前者は、「鉄は熱いうちに叩け。」であることをお忘れなく。

熱いうちに叩きそこなった方、いつでもご相談に応じます