新年のご挨拶〜(2015年1月1日)鶴岡

昨年は尊厳死について考えさせられるニュースがありました。ご臨終.png

苦痛があり、回復・治癒の見込みない状況になれば、

積極的に苦痛からの開放を選びたくなるかもしれない。

自分のことだけを考えれば、

選択の余地はあってもらいたいとは思いますが。

 

 



介護施設.png仕事で介護施設に暮らしておられる方々

に会う機会があります。

プロの介護者に守られて

穏やかな老後を送っておられます。

 

幸運な少数派の方々かもしれません。

 

 

家族による介護の実態は家族の数だけ多種多様と聞きます。

書物や報道でも見聞します。

介護することの負担とされることの不安は老々介護.jpg

誰でも容易に想像できる現実です。

記憶することや理解することが困難になる認知症、

誰かの助けがあればこその身体の不自由な暮らし。

 

皆老いて、衰えていきます。

いつかは介護し、介護される立場になるかもしれないことは避け難いことですね。

生き続けること、死を迎えることは

人間の尊厳とプライドについて常に問いかけてきます。

どんな答えが正解なのでしょうか。

 

 

新年明けましておめでとうございます。

本年も皆様には良き一年でありますように。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

十二支059.jpg